BCA

表現者ビジネスカレッジ

一般社団法人

日本アート教育振興会

世界標準の

アートを仕事にする方法

をお伝えします。

「 トッド助教授 」による

アート起業の方法

アメリカ マイアミ大学

芸術起業学科 助教授

トッド・スチュアート

オンライン講座 

アートアントレプレナー育成コース

web動画を無料で受け取る!

表現や創作スキルを活かした起業、副業の方法を伝授!

アメリカマイアミ大学助教授が登壇!

期間限定!

無料で公開

アートアントレプレナー育成コース

ゼロから開校!表現者のための安定する教室デザイン講座

アートアントレプレナー育成コース

アートアントレプレナー育成コース

「アート起業家精神とは?」

アートアント育成コース

※送信いただいたお客様の個人情報は、一般社団法人 日本アート教育振興会(以下当会)で責任をもって管理させて頂きます。ご登録は当会プライバシーポリシーにご同意の上ご登録ください。

このコースは、創作スキル、表現スキルを活かして
起業、副業できる人を育てるためのコースです。

もしかするとあなたも、


「何かしらアート系の仕事にたずさわりたい・・・」

「身につけた創作や表現のスキルを活かして仕事がしたい」


そう思っているかもしれません。


でもあなたは、同時にこうも思っているかもしれません。

「現実は、それが叶うのはほんの一握りの人。」


もしもあなたがこのように思っているのでしたらこのコースが、その落胆を解消できるかもしれません。


なぜなら、このコースは、創作や表現のスキル、、、つまりアートスキルを活かして起業、副業するためのノウハウをお伝えする、日本初で、唯一のコースだからです。

アメリカの美術大学ではアート起業を教えるクラスがある。
しかし日本の美術大学ではほぼないのが現状。

日本の美術大学やアート系の学校、教室などでは、創作スキルや表現スキルといったことは、とても素晴らしい教育をされています。


ですが、勘の良いあなたは、もうお気づきかもしれませんが、その身につけたスキルを活かして、どう仕事にしていけばいいのか、、、

といった教育はされていません。

そのため、美大や芸大、アート系の学校、教室を卒業し、いざ社会にでても、せっかく身につけた創作や表現のスキルをどう社会で役立てていけばいいのか、どのように生計をたてていけばいいのかが分からず、まずは生活のために美術とは関係のない企業に就職したり、アートや創作とは関係のないアルバイトで食いつなぐという生活を余儀なくされてしまいます。

もちろん、美大やアートの学校を出た人達が、みんながみんな売れっ子アーティストになって食べていけるわけでもなく、ほとんどの人達は、アーティストにならず、「取りあえず食べるために、、、」ということで、創作や表現スキルを活かした仕事とは違った職につくわけです。


でもこれがもしも創作や表現のスキルを活かして、起業や副業できるように教育をうけられたとしたら、どうでしょうか?

少なくとも進路の選択肢は増え、アートや表現系の仕事を選べる可能性は高まり、好きなことを仕事にしていくことができる人達が増えるのではないでしょうか。

実は、アメリカにあるたくさんの美術系、芸術系の大学では、創作や表現スキルだけでなく、それを活かして起業家になる教育もしっかりとされています。


「アーティスト=起業家」

「クリエイター=起業家」


ととらえることを教育し、アート起業家としてたくましく生きていける力を磨き上げ、創作や表現スキルをどのように社会でビジネスにしていったらいいのか、というノウハウをしっかりと教育することに取り組み始めています。

そしてアメリカの美大、芸大のたくさんの教授たちの間では、アートやクリエイション専攻の生徒は、「”アート起業家精神を養うこと” ”アートで起業、副業する方法を学ぶこと” が、必要不可欠」という共通認識となっています。

日本の情報だけではあなたの可能性が制限される。

5年先を行くアメリカ教育をご自宅で受講できます。

オンライン講座 

  この「アートアントレプレナー育成コース」は、日本のアーティストやクリエイター達のために、マイアミ大学助教授のトッド助教授とともに作った一般社団法人 日本アート教育振興会のオリジナルプログラムです。


Tod助教授がアメリカマイアミ大学で教えている内容をベースとして、日本人により理解しやすく、実践しやすい内容になっています。

アメリカといえば、ほとんどのことが日本よりも5年~10年進んでいるといわれるほど、なにかにつけて日本の先をいっていることが多いのはご存知かと思います。


その先端のアメリカで、かつ、フロリダにある大学の芸術学部ではトップ大学に入るマイアミ大学で指導している内容が含まれた教育を、あなたのご自宅やアトリエ、オフィスで受講することができます。

スマホでも学ぶことができるため、通勤の電車の中でも学ぶことができます。

もちろん、私たちが翻訳するので、英語が苦手でも問題ありません。


もちろん美大や芸大をでていなくても、まったく問題ありません。アートが好き、創作が好き、表現が好き、そういったことを仕事にして楽しい人生にしたい、、、そんな思いを持っている方でしたら、どんな方にも役に立つ講義です。



講師プロフィール

トッド・スチュアート

マイアミ大学 芸術学部

 芸術起業学科 助教授

同大学 アートマネジメント&アントレプレナーシップ ディレクター

SAEE(芸術起業教育協会・USA)

会長

芸術起業賞受賞

(芸術起業の分野で最高の学術賞・USA)

サウスカロライナ大学で修士号とMBAを取得し、フロリダ大学で演劇の学士号を取得。

教鞭をとる前は、劇場のデザイナーや職人として、また、デザイン業界や消費財業界のスタートアップに関わる起業家として活躍。

研究テーマは、芸術起業家精神と戦略、イノベーション、デザイン思考の融合。

アメリカに本拠地を置くSociety for Arts Entrepreneurship Education(芸術起業教育協会)の会長であり、芸術起業の分野で最高の学術賞であるSAEEのGary D. Beckman Research Award in Arts Entrepreneurship(芸術起業賞)を受賞している。

アメリカ

マイアミ発!

アートアントレプレナー育成コース

コースの内容

動画で講義を配信します。

月に2本の講義動画が公開され、約2週間に1回、1本づつ公開されます。

講義の内容はこんな感じです。

1~6ヶ月目までは、入門編です。

入門編では主にアート起業のためのマインドセットを学びます。

これはマイアミ大学の講義でも生徒に同じようにやっている内容で、アートアントレプレナーとして成功するには必要不可欠のセクションだとトッド助教授は言います。

そしてマインドセットが整った段階で、7か月目以降から、実践編に入っていきます。こちらももちろんマイアミ大学で行われている内容がほとんどです。


スペースの関係で全ては書けませんので、入門編の内容だけを少しご紹介するとこんな感じです。


■入門編 → 6ヶ月間でマインドセットを整える


1ヶ月目)クリエイティビティ、イマジネーションを伸ばすためのマインドセット


2ヶ月目)目的を明確にする(なぜアートをやりたいのか?なぜアートで仕事がしたいのか?)


3ヶ月目)起業家の考え方(アーティストであれ起業家の考え方が欠かせない)


4ヶ月目)アートアントレプレナーを始めるための方法


5ヶ月目)問題・機会・アイデアを見つける方法(問題やチャンスを見極め)


6ヶ月目)アイデアをチャンスに変える方法(マインドセットの総仕上げ)

と、こんな感じです。


これらを急いで学び、急いで身につけていく、ということではなく、毎月1テーマずつ進めていくので、お忙しいあなたでも無理なく着実に身につけていく事が出来ます。

6ヶ月後の課題をクリアすると、修了証も発行されます!

受講開始から6ヶ月後のLesson12と同時に、課題も公開されます。そちらに答え、全問正解になれば、アートアントレプレナー育成コース入門編の修了証を発行します。

課題は、講義動画を見て学んだ方でしたらみなさん合格する課題となっています。


こちらの修了証は、一般社団法人 日本アート教育振興会が入門編の修了を認めるものになります。もちろん、トッド助教授のサインも入った修了証となります。

あなたの経歴づくりや活動にお役立て下さい。


(こちらは任意となり、ご希望でない方は、課題をやらなくても次に進めますのでご安心ください。)

大切なので何度でもいいます。

「アーティスト・クリエイター=起業家」です。

何度も言ってすみません、でも大切な事なので、もう一度だけ言わせてください。


アメリカにあるたくさんの美術系、芸術系の大学では、創作や表現スキルだけでなく、それを活かして起業家になる教育もしっかりとされています。


「アーティスト=起業家」

「クリエイター=起業家」


ととらえることを教育し、アート起業家としてたくましく生きていける力を磨き上げ、創作や表現スキルをどのように社会でビジネスにしていったらいいのか、というノウハウをしっかりと教育することを始めています。そしてその教育が必要不可欠なとても大切な事というのが、アメリカの美大、芸大のたくさんの先生たちの間では、すでに共通認識となっています。


アーティストやクリエイターといった表現者としての活動や、表現スキル、創作スキルを活かして仕事をすることは、もちろん創作活動や表現活動でもありますが、同時に「ビジネス活動である」ことを忘れないでください。


アーティストであっても、クリエイターであっても、どんなジャンルの表現者であっても、どんな人だって、社会の一員です。いろんな人々が生きる、この社会で生きています。その社会でお金をいただこうと思ったら、社会のために何かしら貢献する必要があります。


ビジネスの本質は、誰かのために役に立つこと、意味のあることを提供すること。


アーティストやクリエイターなど、表現者として、世の中に意味のある存在になるためには、世の中の人にまずは知ってもらうところから始めなければなりません。


アーティストや表現者だけが、なにもしなくても自然に注目されるわけではありません。

世界にはたくさんのアーティストやクリエイターといった表現者の人たちがいます。


そこであなたが注目され、食べて行けるようになるためには、創作スキルや表現スキルを学ぶだけではなく、起業家としてのスキルを磨く必要があります。アメリカのアーティストやクリエイターがそうしているように。


日本のアーティスト、クリエイターとして右往左往している間に、世界のアーティスト、クリエイターたちはより先端の教育を受け、アート起業家としてのスキル、センスを磨いていっています。


もう待っている時間はありません。

今このタイミングであなたも世界標準の教育を受け、あなたのアート起業家としてのスキル、センスを磨いていくことは必須です。


今は、ピカソの時代と違い、インターネットがあります。

インターネットとオフラインをフル活用し、あなたという個性を世の中の人々に発信していってください。


前向きな勇気ある一つの行動が、あなたの状況、環境をガラリと変えます。

たくさんのアーティストやクリエイターが質の良い教育をうけることで成功をつかんできました。


次はあなたの番です。


あなたもあなた自身のために決断してください。


アートアントレプレナー育成コースへのあなたのご入学を心からお待ちしております。

一般社団法人 日本アート教育振興会

     BCA 表現者ビジネスカレッジ

世界標準の

アートを仕事にする方法

をお伝えします。

「 トッド助教授 」による

アート起業の方法

アメリカ マイアミ大学

芸術起業学科 助教授

トッド・スチュアート

オンライン講座 

アートアントレプレナー育成コース

web動画を無料で受け取る!

表現や創作スキルを活かした起業、副業の方法を伝授!

アメリカマイアミ大学助教授が登壇!

期間限定!

無料で公開

アートアントレプレナー育成コース

ゼロから開校!表現者のための安定する教室デザイン講座

アートアントレプレナー育成コース

アートアントレプレナー育成コース

「アート起業家精神とは?」

アートアント育成コース

※送信いただいたお客様の個人情報は、一般社団法人 日本アート教育振興会(以下当会)で責任をもって管理させて頂きます。ご登録は、こちらの当会プライバシーポリシーにご同意の上ご登録ください。

BCA【表現者ビジネスカレッジ】は、一般社団法人日本アート教育振興会が運営を行っております。

webサイト上の写真画像、テキストなど掲載の全てのコンテンツの無断複写、転載を禁じます。

一般社団法人日本アート教育振興会

東京都港区南青山2-2-15 03-4405-2132

web動画を「無料」で